Tree people
TEL&FAX:011-520-7717
園芸用品 植物 雑貨
 
back to INDEX
水耕システム 散水システム 植物育成灯 その他
肥料&活力剤 防虫薬(人畜無害) CO2&ミニfan PH・ECメーター
ロックウール&水耕栽培地 ヒーター&ポンプ Grow Box
 
  ご注文方法   カードをご利用の方へ   カゴの中を見る



水耕システム
・ジェネラルハイドロポニクス
・ニュートリカルチャー
・ハイポニカ
・その他メーカー
・発芽・挿し木(クローン)用

散水システム
・散水システムセット
・散水パーツ
・ドリップスティック
 セット

・吸水ポンプ

植物育成灯
LED育成灯
バリュー育成灯set
MH・HPS 250w set
MH・HPS 400w set
MH・HPS 600w set
MH・HPS 1000w set
蛍光灯育成灯set
磁気式安定器育成灯set
MH・HPSランプ
安定器
蛍光灯
リフレクター
24時間タイマー
ファン
ダクト・ジョイント類
カーボンフィルター
ミラーフィルム
ライトアクセサリー

PH・ECメーター
・PHメーター
・ECメーター
・PH/EC校正標準液
・PH-UP/DOWN液

肥料&活力剤
・canna
・ダッチフォーミュラ
・GHフローラ
・BioBizz
・GHE
・HESI
・B'Cuzz
・Hydro Dynamics
・ピュアブレンド
・Emerald Triangle
・ハイポニカ肥料
・Tama PlantFood
・土耕肥料
・その他活力剤
・挿し木用活力剤
・フレーバー
・オーガニック活力剤
・観葉植物用肥料

防虫剤
・ニーム
・その他

土壌
・土
・ココヤシ
・スリット鉢

ロックウール
・単品
・set
・ネットポット
・ポリポット
・ハイドロトン
・Cubecap

CO2
水温ヒーター
温風ヒーター
エアーストーン
エアーポンプ
温度計
Grow Box

園芸用品
・土
・ハイドロ土壌
・鉢
・スプレー・ジョウロ
・ハサミ
・ガラス容器

植物
・植物
・種



雑貨
・生活雑貨
・フィギュア
・インセンス




TOPページ > 植物 top > ハーブの種
ハーブの種

種一覧

ア行 アーティチョークイタリアンパセリエキナセアオレガノ
カ行 キャットニップ
サ行 ジャーマンカモミールスイートバジル
スイートマジョラムセージ
タ行 タイムチャイブ
ナ行 ナスターチューム
ハ行 フラックスペパーミント
マ行 マーシュマスタードグリーン
ラ行 ラベンダーレモンバームロケット(ルッコラ)



スイートバジル

育て方 種は苗床にまき、育苗後定植するか、目的地に直接バラまきしてもよく育成します。発芽後、込んだ部分を間引いて、株間50cm位になるようにしてください。肥料切れしないように適時追肥を与えてください。8月上旬ごろに一度強く刈り取ると、枝が新しく出てきます。
収穫 生葉は使用のつど摘みとります。乾燥、冷蔵保存する時は、開花前、下葉を5枚位残して刈り取ります。
利用方法 肉・魚・野菜料理など、あらゆるタイプに利用できます。又、サラダやドレッシングソース、ハーブオイルにもよく調和します。さわやかで甘い香りはトマトやチーズとよく合うので、パスタやイタリア料理にお使いください。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.2ml詰(約90粒)入

スイートバジルの種

価格 270円(税込)

購入数


ペパーミント

育て方 種は苗床にまき、発芽するまで水を与えます。本葉が2〜3枚になった頃、鉢などに定植します。2年目は、大きな鉢に変えるか株分けします。種は細かいので少量をバラまきし、夜間冷え込むようであれば、室内にいれるのがよい。
収穫 生葉は使用のつど摘み、まとめては6〜7月頃に、地際3〜4cmを残し刈り取ります。
利用方法 さわやかなハッカの香りは、ハーブティーに最適。スッキリした気分で疲れも忘れるおいしさです。他に、サラダやお菓子、芳香剤など多く利用できます。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(約500粒)入

ペパーミントの種

価格 270円(税込)

購入数


レモンバーム

育て方 種は苗床にバラまきし、発芽するまで毎日水を与えます。発芽後、草丈10cm位に育成した良苗を鉢などに定植します。
収穫 生の葉はそのつど、保存用につぼみが見え次第枝ごと切り取り、乾燥又は冷凍します。
利用方法 レモンのフレッシュな香りが料理を引き立てます。サラダ、オムレツに。また、ハーブティーにすると、夏は冷たくしてさわやかな香りが楽しめ、温めて飲めば風邪にも効果的。
蒔き時期 春4月〜5月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(約120粒)入

レモンバームの種

価格 270円(税込)

購入数


タイム

育て方 日当たりのよく、水はけの良い所が最適です。細かい種子なので鉢にていねいにまき、発芽後(1〜2週間)混んだ所は間引きし、草丈2〜3cmの頃、20cm位の間隔に定植します。10週間位で成株となり収穫できます。肥料は、液肥を月2回位与えます。
収穫 生葉は使用のつど摘みます。又、開花前に株の上部2/3を刈り取り、日陰で束ね吊りし乾燥、保存します。
利用方法 上品でさわやかな香りが肉や魚の生臭さを抑えます。肉・魚のソース、スープ、サラダの風味づけ、煮込み料理の香りづけ、ブーケガルニに利用します。又、ビネガーやオイル、ハーブティーなどにも適します。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(約200粒)入

タイムの種

価格 270円(税込) 購入数


チャイブ

育て方 種は苗床にまき、発芽するまで水を与えます。発芽後40日位で、草丈10cm位の良苗を鉢などに定植します。(定植のとき多湿だと根が腐死するので、植えた直後に水を与えないこと)草丈15〜20cmに生長すれば葉を収穫しても良いのですが、1年目は株を大きくさせることを重点に、2年目の春より収穫するのが好ましい。
収穫 15〜20cm位の時、地上2〜3cmを残して刈り取ります。次回は、前よりも大きめに回復すれば収穫できます。
利用方法 マイルドなネギ味なので、和風や中華風の料理に良く合います。サラダやたまご料理、シチュー、スープにふりかけると風味最高です。
蒔き時期 春4月〜5月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(約40粒)入

チャイブの種

価格 270円(税込) 購入数


ジャーマンカモミール

育て方 種は苗床にまき、発芽するまで水を与えます。7〜10日で発芽し、生育に伴い間引きを行います。本葉3〜4枚になった頃、30cm位の間隔に定植します。肥料は、液肥を時々与えます。
収穫 5月〜10月にかけて咲き続ける若い花を順次摘み取り(朝が最適)、乾燥させビン等で保存します。
利用方法 ハーブティーとして利用するのが好適です。安眠効果もあり、夜のティーにおすすめ。又、花を摘みとり生けておくと、甘い香りがお部屋にただよい、気分最適です。
蒔き時期 春3月〜6月・秋8月〜9月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(約500粒)入

ジャーマンカモミールの種

価格 270円(税込) 購入数


スイートマジョラム

育て方 種は苗床にまき、軽く土をかけ、発芽するまで水を与えます。発芽後、本葉2〜3枚の頃一度移植し、わき芽が5〜6本伸び始めた頃に30cm位の間隔に定植します。根が浅いため、夏の乾燥には充分注意してください。寒さにも弱いので冬は室内で管理してください。
収穫 使用のつど葉を摘み取ります。乾燥保存には7月の開花直前に収穫します。
利用方法 甘い香りが肉料理や卵料理の味を引き立てます。オムレツやミートソースにお使いください。煮込み、サラダ、スープに刻みこんで使用します。ビネガーの香りづけに、ハーブティーやゼリー等にも利用できます。
蒔き時期 春4月〜5月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(約200粒)入

スイートマジョラムの種

価格 270円(税込) 購入数


セージ

育て方 種は苗床にバラまきし、軽く土をかけ、発芽するまで毎日水を与えます。発芽後、生育に伴い間引きしながら、本葉4〜5枚になった頃、30cm位の間隔になるようにします。
収穫 生葉は使用のつど摘み取ります。乾燥保存は開花直前に茎ごと20ccm位で切りとります。
利用方法 強い香りで肉の臭みを抑えます。ソーセージ、レバーなどの臭み止めや、ひき肉料理にも適しています。ドレッシングに肉料理、魚料理、たまご料理に加えるとおいしさ倍増。
蒔き時期 春4月〜5月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.2ml詰(約15粒)入

セージの種

価格 270円(税込) 購入数


ロケット(ルッコラ)

育て方 種は苗床にまき、軽く土をかけ、発芽するまで水を与えます。本葉が4〜5枚になった頃、鉢などに定植します。
収穫 あまり大きくならないうちに、若く柔らかい葉を摘みとります。葉が10cm位になった頃が最適です。
利用方法 ピリッとした辛味とゴマの風味、ビタミンCを多く含んでいますので、その持味を生かすため、あまり熱を加えない料理に利用します。ピザやサラダ、料理のトッピングにお使い下さい。
蒔き時期 春4月〜5月・秋9月〜11月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.3ml詰(約130粒)入

ロケット(ルッコラ)の種

価格 270円(税込) 購入数


ラベンダー

育て方 種は苗床にまき、軽く土をかけ、発芽するまで水を与えます。本葉が4〜5枚になった頃、鉢などに定植します。(株間は広くとり、通気性をよくする。)雨や高温を嫌うので植える場所に注意してください。
収穫 美しく青紫色の花が咲きそろった頃、茎ごと刈りとります。
利用方法 香料やドライフラワー、ポプリ、ハーブティー、ハーブバスなど、こころよい香りは多方面に利用できます。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.2ml詰(約140粒)入

ラベンダーの種

価格 270円(税込) 購入数


キャットニップ

育て方 種は苗床にまき、軽く土をかけ、発芽するまで水を与えます。本葉が4〜5枚になった頃、鉢などに定植します。草丈が大きくなれば支柱を立て、茎が倒れるのを防ぎます。
収穫 花が咲く直前か開花後早々に、根元付近で摘みとります。生葉も新鮮で香り豊かですが、日陰で陰干し、乾燥させて利用すると、一段と風味、香りが増します。
利用方法 ドライフラワーやポプリ、花壇の縁どりなどに好適です。快い香りは、ハーブティーとすれば食欲を増し、胃の働きにも良いと言われます。
蒔き時期 春3月〜5月・秋9月〜11月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(約100粒)入

キャットニップの種

価格 270円(税込) 購入数


オレガノ

育て方 種は苗床にまき、軽く土をかけ、発芽するまで水を与えます。本葉が4〜5枚になった頃、鉢などに定植します。生育強くランナーをよく伸ばしますから、大きめの鉢を使うとボリューム満点となります。
収穫 必要なとき生葉を利用しますが、乾燥させた葉のほうが一段と香りを増します。収穫後は風通しの良い涼しい日陰で乾燥させます。
利用方法 生葉をそのまま利用するよりも、乾燥させたほうが香りがよくなります。トマトとの相性がとても良いところから、ピザソースには欠かせません。ミートソース、ドレッシングにも。また、ドライフラワーとしても魅力のあるハーブです。
蒔き時期 春4月〜5月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(約200粒)入

オレガノの種

価格 270円(税込) 購入数


アーティチョーク

育て方 水はけと日当たりの良い場所に種をまき、軽く土をかけ、たっぷり水を与えます。苗床に種をまき、育苗の後定植してもよい。株間は70〜80cm位とします。アブラムシが発生しやすいので注意する。
収穫 5月〜9月頃、花が咲く直前のつぼみを収穫します。1年目より、株が大きくなる2年目から摘みとるのが好ましい。
利用方法 摘みとったつぼみを茹で、1片ずつもぎとり、好みのソースなどをつけて、歯でしごくようにして食べます。消化促進、便秘解消などに効果があるといわれています。
蒔き時期 春3月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.3ml詰(約3粒)入

アーティチョークの種

価格 270円(税込) 購入数


イタリアンパセリ

育て方 日当たりと水はけの良い場所に種をまき、軽く土をかけ、たっぷり水を与えます。発芽後、本葉が5〜6枚になった頃、株間を20〜30cm位にします。乾燥に弱く、夏は充分に水を与えます。
収穫 5月〜9月頃、よく育成した若葉を摘みとります。但し、収穫後は必ず7〜8本残すようにします。
利用方法 鮮やかな緑色とおだやかな香りで料理を引き立てます。若葉を刻んでサラダやスープに、煮込み料理や卵料理のソースなどに利用されます。料理の彩りに。
蒔き時期 春3月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.2ml詰(約80粒)入

イタリアンパセリの種

価格 270円(税込) 購入数


ナスターチューム

育て方 苗床にバラまきし軽く土をかけ、たっぷり水を与えます。発芽後、本葉5〜6枚になった頃、20〜30cmの間隔に定植します。
収穫 葉は開花直前の頃より、つみとりしますが、花はよく咲いた美しいものをつみとります。
利用方法 花・葉ともサラダ料理の飾りにすれば、観賞用と新鮮な味覚が同時に楽しめます。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 1ml詰(約5粒)入

ナスターチュームの種

価格 270円(税込)

購入数


マスタードグリーン

育て方 種は苗床に3〜5cm間隔で点まきし、軽く土をかけ、発芽するまで水を与えます。発芽後、3〜4cmに生育すれば一度仮植えし、本葉7〜8枚の頃に20〜30cmの間隔で定植します。
収穫 葉は下から順次かき取るように行います。また、生育途中に間引きした小苗は、やわらかく新鮮でサラダ料理に最適です。
利用方法 若葉や開花前の茎・葉は、とてもやわらかく美味。ピリッとした辛みと葉の食感が特徴。ハムやソーセージとよく合うので、サラダやサンドイッチにお使いください。種子はサヤごとに乾燥させ、砕いて利用しますが、辛さが強いので、生葉を少し混ぜると風味が増します。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.2ml詰(90粒)入

マスタードグリーンの種

価格 270円(税込) 購入数


マーシュ

育て方 日当たりと水はけのよい場所が好適で、肥沃な土壌で育てます。タネは20cm位の間隔に2〜3粒点まきし、発芽後2回位間引きを行い、生育のよい苗を1本残します。発芽するまでは水切れに注意してください。
収穫 生葉は必要に応じて摘み取りますが、つぼみが出る頃になると葉が硬くなるので、それまでに収穫します。また、間引きした小苗は新鮮でやわらかく、とても美味です。
利用方法 鮮やかな緑色と繊細な香りで料理を引き立てます。新鮮な若葉はサラダや炒め物、お浸し、スープの具などに利用します。また、株ごと収穫し、皿に盛って飾りにするのも楽しみです。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.1ml詰(40粒)入

マーシュの種

価格 270円(税込) 購入数


エキナセア

育て方 乾燥気味で、日当たりの良い場所が好適です。タネは苗床に3〜5cmの間隔で点まきし、軽く土をかけ、発芽するまで水を与えます。発芽後3〜4cmに生育すれば一度仮植えし、本葉7〜8枚の頃に定植します。
収穫 茎や葉、花を乾燥させて利用しますが、生葉は必要に応じて摘み取るようにします。
利用方法 乾燥させた葉や花は、ハーブティーとして抗菌効果があります。ニキビ、インフルエンザなどの感染症にも良いと言われています。ただし飲みすぎると、のどの炎症をひき起こすこともあり、注意してください。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.5ml詰(40粒)入

エキナセアの種

価格 270円(税込) 購入数


フラックス

育て方 日当たりと水はけのよい肥えた土壌を好みます。タネは苗床に3〜5cmの間隔で点まきし、軽く土をかけ、発芽するまで水を与えます。発芽後3〜4cmに生育すれば一度仮植えし、本葉7〜8枚の頃に定植します。
収穫 茎を利用して繊維をとるには、青い花が咲き始めたときに刈りとると、すらりと伸びた美しい繊維がとれます。種子は果実が熟して黄色くなった頃、こぼれる前に茎ごと刈りとります。
利用方法 リネン(布)の原料です。茎は水に浸し皮を腐らせ、やわらかくなった頃、叩いて洗うようにすれば美しい繊維がとれます。また、種を絞った油が亜麻仁油種子です。花は、押し花やポプリとしても楽しめます。
蒔き時期 春4月〜6月・秋9月〜10月頃(発芽適温を維持すれば、いつでも栽培できます。)
内容量 0.2ml詰(20粒)入

フラックスの種

価格 270円(税込) 購入数

TOPへ

indoor green  | [園芸用品] [植物] [雑貨]
grow goods  | [水耕システム] [散水システム] [植物育成灯] [その他]
| [肥料&活力剤] [防虫薬] [CO2] [PH・ECメーター]
| [ロックウール&水耕栽培地] [ヒーター&エアーポンプ] [Grow Box]
Copyright (C) 2005 Tree people. All Rights Reserved.